約弁停止になってしまわないように注意する必要がある

お金を借りたら返さなければいけません。その時は返せたとしても、その先に返すことができない場合もあるでしょう。お金を返す見込みが出来なくなれば、当然返済はできません。消費者金融などにとってみれば、それは大きな問題です。そして、契約違反にもなります。

もしも債務者が一般人である場合には、債権者側がいくら返済を申請したとしても、自己破産を申請することにより、返済をする必要がなくなります。
そこで経営側の判断は、いかに審査で約弁停止にならない人を選ぶかということになるでしょう。約弁停止とは、返済が出来なくなってしまった状態のことを指します。

こうなってしまえば、泣き寝入りになる可能性が出てくるわけです。これは債権者にとってみれば、深刻な事態と言えるでしょう。だからこそ、この状態にならない債務者を見つけるのが何よりも重要です。少額の融資ならまだしも、それ以外の場合には、かなりギャンブル要素が強いと言われています。

つまり、消費者金融がお金を貸すということは、それなりのリスクを冒しています。消費者金融は手数料で利益を得ているのですが、それが過ぎるとかなり面倒なことになってしまいます。

審査を厳しくすれば、リスクをある程度回避できるでしょう。しかし、それではお金を貸せなくなり、手数料の利益を得ることができませんので、経営を続けられなくなってしまいます。このジレンマを、どのようにして繋ぐのかが大切なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ