融通手形を利用することで経営が安定していく

企業が経営を続けるにあたっては、何はともあれお金を借りなくてはいけません。手形というものは支払日が決まっていて、この期限に企業は間に合わせなくてはならないのです。期日を過ぎてしまうと、社会的信用を失うだけではなく、不渡りとして認定され、これが6カ月の間に2回続くと銀行との取引が停止されます。

これは銀行取引停止と言われ、事実上の倒産を意味するのです。
まず、手形を発行した時点で法的な責任が発生するので、言い逃れができないという点に注目しなければいけません。一般的な商取引をしないで、専ら金融目的で手形を振り出すこともあります。

このことを融通手形と言います。これを利用することにより、企業は経営を続けられるのです。銀行側は多少無理があった場合でも貸し出しを行うことがあります。起業したばかりの会社はどうしてもお金がありません。そういった生まれて間もない企業を救うことができるのが、銀行だけなのです。

預金で集まったお金を持っているだけならばそれを維持するために、場所も必要ですし人件費も発生します。そのため、損失が発生します。融資ができるということはそれだけお金を借りることができるので、ベンチャー企業が生きていけるのです。

会社を設立し運営していくにはお金が必要で、それも本格的な事業を進める必要があるのならば、まとまったお金が要ることになります。

企業が借り入れる先は銀行ですが、銀行は企業にどの程度の返済能力があるのかを独自に調査をして、それが問題なければ「融通手形」という形で融資をします。代金の支払と信用取引の二つの顔を持つ手形は、必要とされる存在といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ