有利子負債の償還年数が長いと問題があることが多い

会社は不渡りを半年で2回行うと、銀行からお金を借りることができません。それで資金が枯渇してしまった場合は倒産することになります。そうならないためにも、資金繰りをどうにかしていかなければなりません。会社に対してはさまざまな負債があり、特に一番大きいのが、利益を伴わない負債と、銀行からの借金の負債です。

その中でも、利子を付けて返済しなければいけないのものを有利子負債と呼んでいます。有利子負債はほとんどが銀行に返すお金のことで、返済がどの程度までの期間必要なのかを示した数字を、有利子負債の償還年数と呼ぶのです。

これは企業の利益で借りたお金が、いつまでに返済することができるのかを指標化したものでもあります。借りたお金というのは素早く期限以内に返すのが当たり前のことであるといえど、会社経営には色々と問題が付き物です。

返したくても返せない場合というのは、往々にして起こり得ることが考えられます。有利子負債の償還年数が長い場合においては、債務者に何か問題が発生している場合が多いのです。会社が経営を続けるには、設備投資をして事業を拡大していかなければいけません。

事業拡大にはお金が必要で、借りる先は銀行となり、銀行は会社がどれほどの財務体質であるかを独自に調査を行った後、手形としてお金を貸すことになります。手形は信用取引ですので、確実にその期日までに返済しなければ不渡りになります。メリットもデメリットもある貸出方法なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ