優良担保があることは安心の材料とみなされる

預金や国債などは、比較的信用度の高い有価証券と呼ばれています。信用度が高いということは、リスクが低いもの、もしくはリスクが無いものであると言われており、これらを優良担保と言うのです。

優良担保のスタイルはお金のスタイルによって変わり、前述のように現金という形で預金する場合もあれば、株券に変換して資産運用する場合もあります。いずれにせよお金であることには変わりありません。

例外があるとすれば保険です。自分の未来へ向けて加入するものですが、中には掛け捨てだけではなく、払い込んだ保険料が満額返って来る場合もあります。それらは元本が保証されているという意味においては、優良担保扱いになるのです。

お金は何も現物としてある場合とは限りません。最近は電子取引が多くなっているので、電子マネーも活発化としています。電子マネーはこのところ流通経路が複雑化しており、先進国の間ではかなりの需要があるのです。

また、現金を持っていると強盗に襲われるなどの心配があるため、預金といったお金を預ける仕組みも出来上がっています。
さらに資産という面で考えるならば、為替や株などの証券として保有する投資家もおり、お金に働いてもらうことでさらにお金を増やすという方法を用いています。

しかし、この取引にはリスクが伴うので、元本保証がついた投資信託を利用する人も少なくありません。このようにお金はさまざまな形に変化することで、多機能を誇っているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ