要償還債務は固定負債に相当するものとなっている

長期借入金もそうですし、社債や設備購入代金のうち、未決済部分などは固定負債として計算されます。これらは、常に一定の支払が発生するもので、要償還債務と呼んでいます。家庭で例えると、家賃や車のローンなど毎月一定に支払う金額というようなイメージです。

これらは全て借金のことであり、その返済という意味においてはローンと同じであると考えると分かりやすいかもしれません。会社にとって、要償還債務は一定に発生する負債になるので、計算しやすいという一面を持っており、そうした意味においては、固定負債として考えることができるのです。

会社を経営しているとさまざまな出費が発生します。設備投資をするために必要な商品を購入する場合には減価償却が発生し、会社によっては退職金や年金などを積立てもあるでしょう。

さらに銀行から借りたお金を返していかなければならず、出費は毎回必ず発生しますので、粗利から差し引きすることにより、多くのお金を支払うことになります。
さて、借りたお金は期限をつけて返済していきます。会社は銀行から手形としてお金を借りているからです。

返済期限が1年以内の短期借入金もあれば、返済期限が1年以上の長期借入金も存在するでしょう。何が適しているかは、設備投資の資金量などによって変化するので、会社によって異なります。本来ならば、会社としては自己資本で賄うべきものを、外部からの資金調達で賄うことがとても多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ