預金担保は債権側も債務側もメリットがある

銀行に定期預金としてお金を預けていた場合は流動性は低くなりますが、金利の設定が普通預金よりも高めです。自動で引き落としされる場合が多いのですが、これを行っておけば預金以上に利回りが大きいと言われています。

もし、その時にまとまったお金が必要になり、定期預金を切り崩して使った場合には利息がそこまで発生しません。これでは、そのようにして預けていた意味が無くなってしまいます。そこで預けている人は、銀行からお金を借りるようにするでしょう。

債務利息を支払ったとしても、切り崩して定期預金利息が通常に戻ることのほうが損が大きくなるのです。一方で、銀行としては嬉しい限りで、こちらのほうが残高は高いほうが良いですし、債権側として手数料を貰えます。定期預金を担保として貸せるので、満期の時に払い戻す必要のあるお金というのは、貸した分を差し引いた金額ということになるのです。

つまりリスクをとらずにお金を貸すことができます。そして利益を得られるという点においては、債権側としてはこれ以上喜ばしいことはありません。こう考えると、債務側も債権側もどちらにもメリットがあるのが預金担保と言えるでしょう。

このように考えられているために、大半の銀行ではこの仕組みを採用しており、双方にメリットがあるということで、多くの人が利用しています。定期的にお金を預けるならば、そこにあるお金をを担保として借りることができるので活用しやすいのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ