預金手形は安全安心な小切手として知られる

預金手形は金融機関の営業店が自店を支払人として振り出す手形を指します。不動産の決済などでは莫大なお金が動く場合、現金を持っていると危険ですし、コストが増えるということで嫌う場合が多いです。受け取った側も同じように感じられるでしょう。

そこでまとまったお金を効率よく運用していくために開発されたのが、手形や小切手です。これらを使うことにより、まとまったお金は口座から引き落とす形で利用することができますので、とても便利な仕組みであると言われています。

ただし、通常の小切手の場合は不渡りの可能性も指摘されます。通常の小切手であれば、銀行で当座預金口座を開設して手続きをしなければいけません。もし振り出し側の口座に資金があまり無く残高不足になっている場合には、小切手の金額を引き出すことはできないのです。

つまり、不渡りの状態で、トラブルの原因になり、信用を失う事態にも発展します。
そうなると必須となるのが、より信頼できる方法でしょう。そこで主流になっているのが預金手形です。これは通常の小切手とは違っており、金融機関の営業店が自店を支払人として振り出すことになっています。

つまり、該当する金額がすでに入っている口座の金融機関が記載されているので、不渡りの心配がありません。これを利用することで、ビジネスもお金のやりとりもスムーズになるのです。預金手形は安心の取引として注目されています。通常の小切手とは違い、不渡りの心配が無いということがとても素晴らしい仕組みとなっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ