預金歩留りは取引採算分析の一つの指標となる

不況の場合にはお金の巡りが悪いので、貸し渋りが発生します。すると会社としては経営を続けることができなくなるのでとても大変な状況になるでしょう。企業の借入金額と預金残高の比率である、預金歩留りは、銀行取引をする上での採算分析の一つの指標として見られることが多いです。

これは元の預金のうち、どのくらいが預金として歩留まるのかというものを指標として表しています。銀行側はこれを見て、どれほどの返済能力があるのかを判断します。預金残高がある程度あれば、お金を返せるかが分かるという、明快な指標なのです。これを使うことで会社の借金がどれほど重荷になっているかが分かるでしょう。

会社は、銀行と深い繋がりを持っています。個人であれば、お金を借りる場合に消費者金融などを使うことが可能となりました。最近はインターネット技術の発達により、その流れがさらに加速しています。24時間いつでもお金を借りられるようになって、融資という面においては進化していると言えるでしょう。

しかし、会社という法人がお金を借りる場合には銀行を使うことがほとんどです。
銀行は基本的に貸すことに迷いはありません。しかし、あまりにも財務体質が悪化していたり、返済する能力が著しく低下していると判断したときは融資を行わないのです。

ほとんどの会社には優しいですが、ごく一部の企業にとっては厳しい状況であることが言われています。これは経済の活性化という面においても重要で、世の中の景気が良ければ、お金の巡りが良くなりますので、銀行も羽振りが良くなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ