与信審査は貸金業者にとって大事な調査である

法人でも個人でもお金を借りる場合には必ず審査があり、「該当者が本当に返済できるほどの能力があるのか」を調べています。個人情報を扱うので、取り扱いには十分に注意して独自の採点方式によって審査されます。

合格点も独自に設けられており、配点も業者によっては様々ですが、そこで合格点になれば、お金を借りることが可能となります。
返済能力は、どういった観点から見るのかというと、個人の場合には収入と年齢、そして職業などがそれに当たります。

借りた時点から返済完了までの期間がどのくらい見込めるのかを判断する年齢、年収が借入希望金額とどの程度の関係性があるのかなどを考えることにより、判断ができるのです。法人の場合には、将来的に黒字にできるかどうかを提示しなければいけません。それを見て判断することになります。

この二つを考えてみると、法人側は審査がとても厳しいと言えるでしょう。将来どうなるかは、予測しにくいためです。それにも関わらず、黒字見込み報告をしなければならないのは、とてもではないですが、容易ではありません。支払能力があるのかどうかを調べるのを審査と言い、別名では与信審査とも言われています。

どちらも同じことをしているので違いなどを考える必要はありません。審査をすることで、貸金業者はお金を貸すリスクを冒すことが可能なのかどうかを判断しているのです。法人も個人も特別扱いなどをすることはなく、公平に審査されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ