リージョナル・バンクの意味はどういったものなのか

銀行は、役割などは変わりはありませんが、自治体などで認められた区分により、都市と第一地方と第二地方に分かれています。簡単に言えば、収益が多く、持っている資産が大きいほど、第一地方銀行などと呼ばれます。都市銀行はまた違った区分になるので、別の次元にいるような形であると考えることができるのです。

最近よく言われるようになっている、リージョナル・バンクとは地域銀行のことで、特定地域に営業基盤を有している、比較的規模が小さい銀行を指しています。企業にとっては銀行が近くにあると、営業などの面においても重宝されますし、地域密着型の銀行は融通が利きやすいというメリットもあります。

それが老舗であればなおさらで、地域にとってかけがえのない存在であることは、それらにとって非常に重要なことなのです。ここは把握しておく必要があるでしょう。
会社が運営を続けていくには、どうしてもお金が必要で、そのため銀行に頼ることは必要なのです。

借りることなく、無借金経営を続けることができるのであれば、それが一番理想ですが、大半の会社はそれを続けることはできません。それだけ会社を運営していくにはお金がかかってしまいます。

ランニングコストをいかにして抑え、その資金繰りをどうやっていくのか、これは企業にとっては死活問題です。企業にとって資金が足りなくなることは、そのまま衰退し倒産することになりますので、いかに資金を確保していくかが課題になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ