リテール金融は小口金融業務を専門としている

リテール金融とは、中小企業や個人等など比較的小規模な金融業務を行うことを指しています。消費者金融などはほとんどがこの業務の範囲内になります。大手企業にお金を融資している大手銀行などはこれとは区分が違い、さらにスケールの大きい土俵で扱っていることになるのです。

銀行にも大中小さまざまな規模がありますので、そこをしっかりと把握しておきましょう。人は誰でも得意な分野と不得意な分野があるもので、それは会社もまったく同じです。自社が得意としているフィールドで戦うことにより、より多くのものを得られるでしょう。

それがあるからこそ差別化が起こり、イノベーションが発生して生活がガラリと変化するのです。金融という面においても、大企業に特化した融資や、中小企業にリスクを取っての融資などの得意分野をいかに伸ばすことができるかがカギと言えるでしょう。

例えば、中小規模の銀行が大手相手にお金を貸した場合、かなりのリスクが伴います。銀行は預金者からの預かり金を利用して融資をしています。底を付いてしまって、さらに貸付した企業が資金繰りが悪化し、キャッシュフローが悪化し倒産するとなってしまった場合には、引当だけでは済まない大きな問題になります。

身の丈以上のことをするとそうなってしまうのです。
そこで、リテール金融の考え方が登場する訳です。そこまで豊富な資金源を持っていないのであれば、個人などの小規模の融資をすることでお金を借りる環境を維持していくことが何よりも重要になってくるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ