リボルビング・ローンは債務者も債権者も嬉しい仕組み

ローンとキャッシングは似て非なるものだと言われています。キャッシングとは、小額のお金を短期間借りる場合に使われ、最近ではカードローンやインターネットキャッシングなどがその代表と言えるでしょう。一方のローンは、住宅や自動車などのように、まとまったお金を長い年月をかけて支払う方法を指します。

これを行うことにより、価格の高い買い物ができるようになりました。そうした中で、より債務者にとって返済が楽になる方法が登場したのです。それがリボルビング・ローンです。このローンの最大の特徴は、反復、繰り返しを意味する、リボルビングを持っている点です。

クレジットカードでのショッピングの時にこの支払い方法を選択できるようになり、それが最近ではキャッシングなどの世界にも浸透することになって話題を呼んでいます。繰り返し限度額が増減するので、いつでも使うことができ、ミニマムペイントで良いので返済がとても楽なのです。

これは事業者側にもメリットがあります。ミニマムペイントということは、支払回数が増えることになります。すると支払ごとに生じる利子が多くなるのです。一括で返金される場合に比べると、回数を増やすほうが多く返済することができます。

貸金業者への規制が厳しくなる中、業者はどうにかして利益を出す方法を考えることになりました。そこで思いついたのがリボルビング・ローンです。このローンの登場により、キャッシングが身近に感じるようになった人は多いものです。現在は主流の方法となりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ