流動比率は企業がどれだけ成長しているかを表している

企業はお金を借りたら期限内に返済をしなければいけません。これは何も特別なことではなく、当たり前のことで、借りたものは返す必要があります。それは分かってはいるのですが、会社経営を続けていくと、様々な隔たりや困難が待ち受けます。

未来がどうなるかという点においては、どの会社も不安定な要素を抱えているでしょう。それを考えるに当たり、この部分をいかにして安定させるかが重要です。
銀行が主に企業へお金を貸します。その返済がどの程度まで起こりえるのかを考えることが何よりも大事です。

しかし、この部分においては上記のように不確定な未来が待ち受けているので、とても難しい判断が迫られます。ここで流動比率という言葉が登場するのです。これは、企業の返済能力を測定する時に使われる指標になります。何も難しいことではなく、流動資産を流動負債で割ったものです。

企業が借りたお金をしっかりと返せるほど財務体質が健全化されているのかを見ることです。銀行はリスクを冒してでもお金を貸すものの、誰彼構わず貸すのではなく、しっかりと返済が可能なのかを見極めてから貸します。

そうしなければ、銀行の経営に響くことになり、もし貸した企業が倒産したならば、不良債権という問題に発展します。引当などは全くの意味をなくしてしまうので、銀行としては大きな痛手となるでしょう。そうなってしまっては恐ろしいことになるので、財務体質を見極めてお金を貸しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ