流動負債は1年以内に返済するお金のことを指している

流動負債とは、賃借対照表日の翌日から起算して、1年以内に返済期限となっている負債を指します。短期的に返済していかなければいけないお金であると思うことが重要です。これは何も難しいことではなく、返済日が近づいている借金のことです。企業であっても、当然借りたお金は利子をつけて返済しなければいけません。

日本は超低金利ということもあり、返済するに当たっては少ない手数料を追加で支払う程度になりましたので、以前に比べれば改善されてきました。
バブル期などでは高金利が続いていたので、経済成長しているように見えて資金繰りが悪化して返済できずに倒産する企業も多かったのです。

それは高金利が続き、利子を支払えなくなってしまったためです。この当時は、預金した時の利子で生活ができるほどのものでした。しかしバブルがはじけたことにより、金融引き締めが強化されました。日銀の対応能力が問題視される中、銀行は不良債権に苦しみ、地方銀行の中には倒産してしまう銀行もあったのです。

これらを考える上で明らかになったのは、流動性がいかに大事なのかという点です。流動資産とは、短期間で換金できる資金のことを指します。これが豊富であれば銀行にとってはお金を貸すひとつの指標とも目安ともなります。

ただしこの問題があまりにも加速しないのであれば、不良債権問題に発展しては困りますから、銀行側もお金を貸すことを渋るでしょう。流動負債はそういった意味においては、企業には分かりやすい仕組みです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ