レバレッジはテコの原理という意味と言われている

レバレッジとはエクスポージャーの拡大効果のことであると言われています。これだけでは少し意味が分かりません。つまり資産運用上テコの原理を使っている仕組みです。例えば、2千万円の証拠金を持っている場合には、2千万円以内でしか金融商品を購入することはできません。

しかし、レバを利用すると、1億円の商品を取引することができるようになります。これはリスクをさらに増やす一方で、利益も増やすことができるので、かなりお得に取り組むことができるのだと言われているのです。FXではこの仕組みを採用しており、小額の投資資金で、莫大な利益を得ることが可能ということで注目されています。

FXでは、たとえば1ドル100円を1万通貨購入したい場合には、100万円の資金が必要になります。しかし、レバレッジを使うことで、より少ない資金で運用することが可能になります。金融庁の規制により、FXでは25倍のレバレッジが上限になります。

100万円÷25ですから4万円の資金があれば、100万円分の通貨を運用することができるのです。これがエクスポージャーの拡大効果を意味しています。
日本では25倍ですが、海外では400倍や1000倍という高い数字を用いているものもあります。

少ない資金で大きなお金を動かすことができるのですが、これは上記でも説明したとおり、高いリスクを伴う取引になります。資金管理が上手くできていない場合には、すぐに資金を市場に捧げることになり、退場させられてしまいます。ここを上手く利用することがなによりも重要になります。リスク管理がとても大事なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ