レポ取引は債権を担保とした金銭賃借を表している

お金を借りる時に、債権を担保として金銭を借りるという方法が、巨大なマーケットとしてアメリカを中心として広がりを見せました。日本は独自に変化させて利用しているので、海外と比較するときには注意が必要です。日本の場合には、現金担保付債権賃借取引という名前で呼ばれています。

買戻し条件取引のことを指すレポ取引はこの場面で使われています。
何故、レポ取引が日本でも大きく成長したのかというと、それは現先取引において、大きなメリットがあるからです。現先取引とは、債権を預かって、一定期間後に一定の価格で買い戻すことを指します。

先物売りを現物買いとしているので、現先取引と呼んでいるのです。期間の利回りとは無関係に確定させることができるので、メリットがあるのです。この取引の歴史は古く、戦後間もなくから広まったとされています。

この取引は、主に国民にとっては特に関係性は薄く、これが関係してくるのは証券会社である場合がほとんどです。自社の債権を一定期間預かってもらい、時期がきたら買戻しをしてもらうというもので、これによって、どちらにもメリットが及びます。

債権は、そこまで金利が上昇することはありませんので、リスクが比較的低い取引ということになります。最初こそは、難しいと思うかもしれませんが、慣れることにより、世界観を知ることができるでしょう。最初からできる人はいませんので、少しずつ経験してみることが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ