レンダー・ライアビリティーは借手責任のことであり重要

お金を借りるということは、借手と借主がいる訳です。金融機関が主に借主になるのですが、そこで審査や実行し、管理をして回収をするという一連の流れにおいて、借主から提起されるあらゆる請求に基づく責任のことを、レンダー・ライアビリティーと呼びます。お金を借りる場合は、金融機関に相談するところから始まります。

相手が独自に借手を調べ、そこで問題がなければ資金を融資してくれるでしょう。
そこで色々と借主から資料の提出を請求される場合があるかもしれません。そういった場合には断ることなく、すぐに従うことが必要となります。

的確な情報を知り、リスクを最小限に抑えた方法でお金を貸すというのを目指しているので、その指示には従わなければいけません。これは個人での取引においても当てはまりますし、法人のように企業がお金を借りる場合においてもそうです。

企業の場合にはさらに審査などが複雑になる関係で、色々と請求が発生する可能性があります。それらをしっかりと明記して、従う責任が発生するのです。お金のやりとりになるので、どうしても慎重にならざるを得ません。借手にはそこをしっかりとこなす責任があります。

レンダー・ライアビリティーはとても重要なのですが、どうやら最近はこの部分が曖昧になりつつあると危惧されているようです。お金を借りることがあまりにも容易になってしまったことで、借手がその部分をしっかりと認識していないことが言われているのです。そうなってくると責任という面においてのしっかりとしたサポートが必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ