連帯保証は主流になりつつある保証制度となっている

お金を借りる時に小額であれば、保証人というものは必要ないとする企業は多いです。しかし、住宅ローンのように莫大な金額の場合には、連帯保証人というものを付けることが少なくありません。これは何らかの事情でお金を返す能力が無くなった場合に、代わりに返済するという仕組みです。

莫大な金額で貸すのは、リスクが伴います。貸したは良いが返済が出来なくなったということになれば、大きな損害を被るのは貸主側です。
それでは経営に響く場合もあるので、仮に返済が出来なくなった場合でも、代わりに保証人として返済を助ける人を最初に指名させておくことは合理的です。

莫大なお金を借りるのであれば、それくらいの手を打つことが当然であるとされています。これは多くの銀行が採用しているものであり、例外はほとんどありません。ただし、連帯保証人にだけはなるなとよく言われることがあります。

保証人と連帯保証人は似ていますが、性質がまったく異なります。たとえば保証人の場合は本人からの取立てが優先されるので、返済を迫られても断ることが可能です。しかし連帯の場合には、保証人になった人も同様にお金を返す義務があるので、借りた本人がお金を返す能力があったとしても、返済をしなければなりません。

自分はお金を借りてはいないのに、返済をしなければいけないという理不尽な事態に発展するのです。これは大きなトラブルになる可能性もありますので、十分に注意する必要があるでしょう。お金に関しては慎重になるにこしたことはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ