ロール・オーバーはころがしの概念で投資すること

債権や預金などを償還するか、もしくは満期になった場合にまた同じものへ投資することを、ロール・オーバーと呼んでいます。これが実行出来るのは限られてはいますが、金融機関などからすれば大歓迎でしょう。

常連客が繰り返しサービスを利用してくれる事、これが商売をしている以上一番大事にしなければいけない点だからです。個人のローンなどでも同じことが言えるのです。例えば、消費者金融などからお金を個人的に借りているとします。それを長い年月をかけて償還しました。

それで関係は終わりになりますが、消費者金融側としては借入の実績があり、返済をしっかりとしてくれている信用度の高い顧客なので、安心してお金を貸せる顧客ということになり、企業としては重要になります。

あえて言うならば、新規顧客よりも信用ができている分、金利を安くして、借入できるほどの優遇措置を取る消費者金融があるのも少なくはありません。
そうしたことを考えると、非常に大事になってくるのが「信用」です。それができていなければ、再投資ができない場合があるのです。

ロール・オーバーが発生しやすいのは、債務を返済したことによる再度の借入です。これが一番実績としては多いことになります。保険などが満期になった場合には、条件は違えども再度加入することも考えられますが、正直そこまで多くはありません。そうした中において個人向けのキャッシングの市場はリピーターにより支持されているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ