ローン・ポートフォリオは銀行を運営していくにあたって重要

銀行は預金者からお金を預かっています。それをずっと持っているだけでは維持管理費ばかりが発生してしまい、正直経営を継続できません。銀行は莫大な資金を持っているので、お金に働いてもらうことを考えました。それが融資の始まりです。利子を付けることで、貸したお金プラスαとして返済されます。

それがそのまま利益になるので、お金に働いてもらうというのはもっともなことでしょう。しかし、銀行は大規模であればあるほど、多くの顧客を抱えています。個人だけではなく法人も含まれるので、その範囲はとても広いのです。

何かで管理をしておかなければ、どういった部分においてリスクが含まれているのかを把握するのが難しいでしょう。そこで使われるのが、ローン・ポートフォリオです。ポートフォリオというのは運用資産の構成状況を表している意味ですが、これをそのままローンに適用させることにより、銀行が抱えるリスクの分散管理が可能となります。

銀行は何も考えなければ、もしかしたら資金が底を付くまで貸してしまう可能性もあります。その限界までいかなくとも、何も整理していなければどこでどんなリスクが発生しているのかを知ることができなくなります。

これは銀行からしたら経営危機です。先のバブル期では、期待が低い土地にまで銀行が手を出したことで不良債権が膨らんで倒産しました。ローン・ポートフォリオが正直機能していなかった、典型的な例です。ここを踏み外すと、非常に危険ということが言われているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ