ロットは製品を確認するのに役立つ区分け方法

ロットとは、元々は「山」などの意味があります。これは一つの大きな区切りを意味するものでしたが、最近は使われ方が異なっており、1回での生産における製品単位を表すものになりました。製造業などで頻繁に使われている言葉であり、物を区分けするのに役立ちます。基本的に、使われるのはダースです。

これは鉛筆が12本入っているものを1ダースと言うので、知っている人もいることでしょう。次に多く使われるのが、カートンです。例えば、タバコを10箱、一まとめにしたもの対して言います。要するに、ロットとは最小販売数を示すものであると考えることで、想像はつきやすいでしょう。

これは金融でもよく使われていて、例えば、株の取引などを想像してみてください。1株単位で購入できるところは少なく、多くの場合はまとまった株数が最小単位として計算されます。そんな時に、最小単位数として1ロットと使う場合があります。

さらに、外国為替証拠金取引においても、1万通貨単位なのか千通貨単位なのか複雑な場合があります。これをすると結構悩む人が多いので、最小単位として上記のような表現を利用しているのです。物事を簡単に、そして事業者や消費者にとっても分かりやすいように用いることが重要です。

それをしているのがたまたま製造業に多いだけであり、金融業界においても頻繁に利用されています。タバコや鉛筆のように、日常生活においても何気なく使用されている言葉というのが意外にも多いということが理解できるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ