ワークシートは学校でお金に関して学ぶことができるもの

学校では金融関係のことを小学生の頃から学んでもらおうという取り組みがスタートしています。そこでは「金融ワークシート」というものを年齢に分けて学べるのです。今までは、お金の使い方や仕組みなどを習う機会がありませんでした。それが社会人になって問題になるケースが報告されています。

子どもの頃からお金に関して真剣に学ぶことで、グローバル化が進む現代社会において巧みにそして賢く生活できる知識を習得することを目指して作られています。子どもにとってお金はそこまで関係のない、そこまで利用しない存在です。それが今までは当然のこととして学校教育は行われてきました。

しかし、この時代においては子どもの頃のお金に関する教育次第で、社会で生き残れるかどうかが決まってしまいます。だからこそ、様々な知識を学ばなければなりません。その為、学校ではワークシートを使ってお金の勉強をすることになったのです。

小学生では家庭で一緒に家計簿を作る練習をしたり、学校から配布されるシートに自分のお小遣いを記入して、収支について学べます。中学生になれば、投資に関係した金融用語などの勉強をするようになり、バーチャルで投資をしてもらい、運用方法などを知ることもできます。

お金は一生付き合っていくものであり、その知識は早めに習得しておいて何の問題もありません。そうした部分を大事にしていくことにより、お金に強い人間を育成できます。まさにそこを目的としているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ