割引手形は現金受取なのに流動負債に記録される

割引手形とは、受取手形のなかでも、満期が来る前に銀行などで換金して割引をされた手形を言います。莫大なお金が発生する取引の際に、現金をそのまま持っていくことはとても危険ですし、重くてかさばってしまうでしょう。そこで、手形という一枚の紙切れに手続きをすることで、スムーズな取引が可能となるのです。

現物のお金を取引していては、犯罪に巻き込まれるなどのリスクが生じるので、手形にしていることは多いです。ただし、これはひとつの借金の形と言えるでしょう。
お金の流動とは、相手にしっかりとお金が渡ってから初めて決済されることになるので、流動負債の部へと書かれることになるのです。

例えば、支払人が満期日に支払を拒否することが考えられます。その時には、不渡りということになり、これが2回続くと会社は倒産します。こういった恐れがあるので、流動負債という部分に位置づけられるのです。

不動産などの取引などに関して、手形はよく利用されます。そうした中で問題になっているのが、残高不足です。使用した際、指定された口座にお金が用意されていなかったという場合も想定されます。

そうすると困るのは受け取る側の人で、相手とその後連絡が取れない場合には、詐欺として訴えることになります。こうした被害が近年増加しており、深刻な状態が継続されています。

割引手形は、上手く利用すれば取引を円滑に進められるので、会社経営にとって重宝されるでしょう。銀行などの金融機関とのやり取りに関しても、この方法を利用できるのが魅力ですので積極的に使われている場合が多いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ