確定拠出年金は企業にとって大事な選択肢となっている

会社を経営していくにあたり、重要なことがあります。それは「従業員の確保」です。人が会社を作っていくという面においては、当たり前かもしれません。ですが、雇用の流動化や、高齢化が叫ばれている日本においては、この現象は当たり前のことであり、どの企業でも頭を抱える問題に発展してきています。

その現象を助長させているのが、年金制度です。
現在普及しているのは、確定給付年金です。これは受け取る受給額が決まっています。運用を考えてみたとき、積立不足や企業債務の発生が会社側としての問題となっていました。

そこで、確定拠出年金に変更する会社が多くなってきているのです。この仕組みは確定給付年金とは正反対の意味を持ち、一定の掛け金を拠出して、その掛け金の運用における成果によって、将来に貰える受給額が変化します。

つまり、リスクを出して将来を安定させようという狙いがここにあります。これをすることにより、企業債務の積立不足といった問題を解決することができます。さらに企業にとっては、年金費用の一元化をすることができるという観点から、注目が集まっているのです。

確定拠出年金を実現するにあたっては、その実績から多くの意見を収集して活動することが出来るようになってきていました。それらをするにあたって、拠出年金の重要性を理解することは大事になってくるのです。企業にとっては、雇用との関係性がとても強いものなので、関心が高い分野でもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ