公開市場操作は通貨量を意図的に調整する狙いがある

日本を含め、世界の多くの国は資本主義国家として経済活動を続けており、そこでは、どうしてもお金が偏る性質があります。それを金融を使ってコントロールをしているのですが、それだけではどうすることもできない現象が発生しているのです。

また、グローバル化の流れが加速する中、通貨量などを調整しなければならない事態も避けられません。そこで国が行うものとして、公開市場操作があります。
公開市場操作では、日本銀行が市場に流通する通貨量などを調整します。

金融市場において、調整に効果を出しており、CP(コマーシャルペーパー)や手形、さらには国債などの有価証券売買を行います。これには方法として、買いオペレーション、売りオペレーションと呼ばれるものがあります。

買いオペレーションは、有価証券を買って通貨を放出することで、一方の売りオペレーションは、有価証券を手放して通貨を回収する目的があるのです。
これを行えば、市場の偏った部分を正しく戻すことが出来るようになるでしょう。

実際にこの操作は行われており、市場を安定的に保ち、経済が上手く回るように調節しているのです。こうしたことが行えるのが日本銀行の分野です。通貨が減ってデフレが発生した時などは、通貨発行量を増やすこともできます。

金融緩和を行って、デフレ脱却が可能です。そうした狙いから行われる場合があります。これが行われる時には日本銀行から通達があり、その上で行うこととしているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ