公定歩合操作をすることで景気対策に繋がる

日本のような資本主義国家では、お金が経済の中心です。国もお金がなければ維持できませんので、国としてどのようにお金と向き合うかが非常に重要になります。しかし残念なことに、資本主義国家ではお金が多いところへ動くという現象が発生することが大半なのです。

これはどういうことかと言うと、お金持ちにはお金が多く行き、そのほかには少なくなるのです。この不都合な差を無くすことが、国を維持するのに重要と言えます。

そこで金融政策があります。公定歩合操作というのは、国が行う金融政策においてかなりの頻度で意味があるものとされていて、日本銀行が民間金融機関に貸し出す金利を操作することにより、市場の金利を変動させる効果があるのです。

不景気の時には金利を緩和すれば、市中へのマネーサプライを増やせます。すると経済が活性化し、景気回復に繋がるとされているのです。

こうした取り組みを続けていくと、多くの企業が設備投資を積極的に行い、投資をさせる取り組みを強化させていきます。すると、市場に出回る資金が増えるので、企業はさらに新規事業を立ち上げるなどして、国全体の経済状況を改善することが可能です。

日本銀行の行動で金利の操作などを実行できるので、不景気の場合には段階的に金融緩和などを行うことが求められています。しかし、これをすると他国にとっては極端な円安などの影響であまり良いものではありませんので、グローバル化の進行とともに、見直しをしていかなければいけないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ