財政赤字が続く事は国としての維持が出来ない

会社を経営していく中で必要なのは、いかにして利益を出せる体質を作るのかということです。もし利益が無くなれば当然赤字を出す訳であり、事業が継続できなくなるでしょう。これは非常に難しい問題であり、誰かが簡単に制御することはできません。これは会社だけではなく、国の運営においても同様のことが言えるのです。

企業が利益を出せば、国は成長を続けられます。企業が成長してくれないと、国は繁栄できませんので、常に足並みを揃える必要があります。近年は、グローバル化の波が急速に押し寄せてきています。このような環境の中では、どのようにして海外とのバランスを取っていくかが重要な課題になります。

海外から製品の売買を繰り返し、内需も外需も得るような取り組みをすることで、国の成長を一段と強化できるのです。
国の財政状況を見る際には、赤字なのか黒字なのかを判断することが重要です。財政赤字と表示される場合は、税収以上に政府の支出が増えたことを指します。

そのため、国債が発行されるのです。国債とは、簡単に言えば国が抱える借金です。国は国民からお金を借りることでこの赤字を防ぎます。持続的な成長が続いている国であれば、財政赤字そのものに大きな問題はありません。

しかし、成長が見込めないのに財政赤字が続くと、将来返済できるのかどうかという点において、問題が発生する可能性もあります。したがって、一概にも不都合はないとは言えないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ