時価会計は企業が保有している資産を表したもの

会社はさまざまな資産を保有しています。株式や債券、不動産などがその主たるものです。企業が保有している資産を時価で計算することを、時価会計と呼んでいます。これにより、その企業がどの程度の資産を持っているのかを見られるようになります。

現金表示を行って、投資家にとっても世間にとっても分かりやすく表示できるようになるのです。不動産や株などを持っている場合は、通常であれば時価で計算されるので表示されません。

専門家でない限りは、どの程度の価値がそこに眠っているのか、分からないというのが現状です。これを改善するには、時価会計の把握が必要です。すると、企業として、どの程度健全なことを行えているかを把握できるので、企業がどの程度の資産価値を持っているのかを判断することができるので、重宝されている場合が多いです。

例えば、農地を購入したとします。その農地は広さの単位である「ha」などで表示されるので、実際のところお金に換算したらいくらになるのかが分かりません。そこで、確定申告時などに距離ごとの単価を出してもらい、それによって自分がどの程度の資産を持っているのかを確認することができます。

実際に大きな意味を持つことがあるのです。こうしたことから、時価会計はとても重要な役割を持っていると言えるでしょう。ここを理解しておくと、企業の資産がどの程度のものなのかを把握できるので、投資家がその企業に投資をするか判断することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ