日本版ビッグバンはバブル崩壊後の日本が行った金融緩和

暮らしを支えるにはお金が欠かせません。家計で例えてみると、収入よりも支出が多くなれば赤字になります。それは生活することができないという意味にも捉えかねませんので、大きな問題になります。そして、この問題は家庭だけではなく、企業においても同じことが言えます。

つまり、企業でも利益を出さなければ経営を続けられなくなるのです。だからこそ、人件費などの主要な経費を減らしながら効率よく進めなければいけません。そんな中において、多くの人が気にする動きがあります。それは日本版ビッグバンです。これが発生した原因として考えられているのは、1990年に発生したバブル崩壊です。

最初は株価に大きな影響を及ぼしましたが、実際の経済にはあまり影響はありませんでした。それから土地バブルが崩壊して、ようやく実体経済に発生するようになってきたのです。

それが、1992年のことでした。日本は1996年に金融緩和を大々的に行ったのです。1980年代にイギリスで行われた大規模金融政策の日本版ということで、日本版ビッグバンという名前が付くようになったのです。

それまでは、あまり意識されませんでした。この問題においては、5年後の2001年までに効果を発揮するという名目で行われることになったのです。今までに登場していないような政策を実行したこともあり、市場関係者から話題を呼びました。こうした取り組みというのは、国の政策として決定することが多くあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ