日本版401kは将来的に年金受取額が不安な人が入る

日本の制度に年金があります。社会保障が充実していると言われている中においても、近年は不安を抱えている人も少なくはありません。超高齢化社会を迎えようとしている中で、社会保障制度がいったいどこまでを負担してくれるのか、不透明だと言われているのです。

しかしながら、最近においてはそういった考えを払拭させるような取り組みがスタートしています。それが日本版401kです。
これは簡単な話、年金を積立運用し、その成績に応じて貰える受給額が変わるというものです。

正直、この問題はそこまで頻繁に議論されるものではありませんでした。しかし、節税の効果などが期待されるということから、アメリカを参考にして、2001年に導入が決定されました。企業が負担する企業負担タイプと、自営業のように自分で負担をする自己負担などによって分けられています。

実は、日本版401kは、確定拠出年金とも呼ばれているのです。あまり聞き覚えの無い言葉かもしれませんが、年金制度を変更することによって、普段はあまり関心の無いことに関しても、将来を考えてもらうきっかけにして欲しいとの願いが、ここに込められています。

こうしたことから、この問題が重要視されるようになったのです。だからこそ、この部分をしっかりと見つめ直すことが何よりも大切になってきます。少しずつ、将来のことを見直す機会もあるべきだということが議論され、こういった制度が導入されたのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ