ペイオフは金融機関が破綻した場合に資金が保護されること

金融機関も破綻することはあります。国が主導で運営をしている訳ではありません。銀行は株式会社である場合がほとんどですから、通常の企業のように利益よりも損失が多く発生し、それが長年続くことになれば、衰退してしまう可能性は十分に考えられます。それは限りなく低い確率であると、昔は言われていました。

しかし、バブルの崩壊が進むにつれて、実際に銀行が破綻してしまう例も見受けられるようになったのです。そこから、少しずつ風潮が変わるようになりました。
一番言われているのが、銀行が破綻した場合には、預金者はどうなるのかという点です。銀行から預金が引き出せなくなるのはとても困ります。

そこで、金融支援機構が独立して存在していますので、そこからお金は支払われることになります。便利ですが、問題点も指摘されています。それは、預金債券というものが一般向けに説明されておらず、分かりにくいという点です。

そこをどのようにして解決していくかが、今後の課題です。また、権力なき団体や財団に関してはどのように行動をしていけば良いのか、議論は残されています。問題点として挙げられることも多いので、ペイオフは何回か行うようにしていかなければいけません。

日本では2010年にとある銀行が経営破たんしました。これに対して日本では初めてペイオフが発動することになりました。ここでの反省点を踏まえて、次の制作に向けて身を捧げていけることが望ましいのではないかと考えられているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ