預金準備率操作は中央銀行が他銀行へ行う金融政策

国の将来を占うのに欠かせないのが、中央銀行(中銀)というポジションです。通常は、政府が骨子を提示して足並みを揃えて行うのですが、その思惑が少しずれただけで大きな損失が発生する可能性も存在します。

それを常に考えていくと難しく、中銀の立場としても、その考えを鮮明にしておかなければいけない場合もあるので、中銀は国のことを第一として考える人材の配置が望ましいと言えます。

日本にも数多く銀行はあります。これは組織的な役割を担っていて、中央の下には都市が運営しているバンクがあり、そこから地方、第二地方などが存在しています。これらを考える上で大切にしなければいけないのが、役割の明確さです。そこで預金準備率操作というものがあります。

これは日銀が発表する金融政策の一環であり、民間の銀行がその中にある残高の一定割合を日銀に預け入れることを指しています。銀行の企業へ貸し出すお金などの資金コストをコントロールすることができるので、銀行の貸し出し資金量を調整ができます。

日銀は、無担保で他銀行からお金を預けているのですが、それにはある程度の比率が決まっています。銀行によってその比率は違います。しかし、その比率を上下にブレさせて、金融機関の資金コストをコントロールすることが可能です。

間接的に金融政策を行うことと同一になので、経済的にもプラスに転換する向きが大きいと言われているのです。預金準備率操作をすることによって、大きな利益を得ることができるのがこの考えの特徴であり、素晴らしい点でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ