元本保証をされている商品は価値があると言われている

保険は将来の自分のために必要なものです。そのときは何事も無くても、未来を考えてみると、不確実性が満ち溢れていることで知られています。となると、不確実性であることを前提にして行動しなければいけません。

最近は、この保険において、元本保証がされているものがあり、学資保険や積立年金保険などがこれに当てはまります。そもそも、元本保証とは運用期間に渡り、元本の額が保証されていることを意味します。ここで言う元本とは、保険であれば保険料です。

これは非常に重要な概念です。学資保険の場合は、払い込んだ金額が、それ以上になって返ってくることを売りにしています。これを返戻率と呼んでいるのですが、これが100になっていることを確かめなくてはいけません。しかし、注意しなければいけないことがあります。

それは、元本割れをする可能性は0ではない、ということです。例えば、契約先の企業が倒産した場合には、支払が満足に行われない可能性があります。
元本割れをするのは倒産した場合のみなので、倒産が考えにくい企業を選ばなければいけません。

その時に利用されるのが、企業が格付会社によってランク付けされた格付です。それをよく見て行動していかなければなりません。これは思っている以上に大変なことであり、慎重に自分で審査をしてみなければならないでしょう。元本保証は、社債なども含まれるのですが、それでも倒産した場合には確保が難しくなるので、議論されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ