元利は金融全般で幅広く使用されている言葉

お金を借りた際に発生する元金と利息を合わせて元利と呼びます。金融は国を運営するにあたって、とても重要な役割を担っています。ある企業だけに焦点をあてて考察するとミクロ経済では、リストラ等をした場合に発生する人件費の浮いた分はそのまま企業の利益に還元されます。

それにより、国レベルでの経済を考えるには、お金の流れを頭に入れなければならないでしょう。そこで金融は非常に重要な役割を持つことが叫ばれています。通常、お金は滞ることなく全体に平均的に流れるのが理想ですが、現実はそうは行っていません。

その偏りをなくすことは、国にとっても重要な意味を持っていることが言われているので、対応は急がれます。
資本主義はお金が経済の中心だと考えるものです。その流れで行くと、お金は偏る傾向にあります。

つまり持っているところにはもっと入り込み、そうではないところへはあまりいきません。この偏りは国を誤った方向へ導き出す恐れもあるので、憂慮されている事態と言えます。それを改善するために登場するのが、銀行や消費者金融などの貸金です。

お金を貸すと、資金を万遍なく広めることになります。これを成功させることで、資本経済は活性化されるのです。普段の生活においても銀行は密接な関係があります。

それは経済活動をするのに資金繰りに協力してもらったり、現金を預かってもらえる機関が必要だからです。さて、貸したお金は手数料と一緒に返済してもらわなければいけません。利用されるのが元利で今日、金融全般で幅広く使用されている言葉です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ