口座管理料は証券会社により対応は様々となっている

株への投資をすることは、経済成長をするのに必要な取り組みです。国は単体で仕事はできません。民間企業が成果を上げることにより、マクロ経済全体の活性化に繋がっていきますが、この考えはちょっと難しいと感じる人は多いかもしれません。

経済はマクロとミクロで密接に関係していると言われていますが、ミクロ経済をマクロに持っていくのは勘違いを生む要因になるので、注意が必要です。
さて、株は有価証券として取り扱われます。管理するのは主に証券会社です。

銀行においても、投資信託を通じて株券の売買を行っていますが、通常は証券会社が使うことになるというのは理解できます。証券会社では特別な口座を開設してもらわなければなりません。それは金融商品取引専用の口座になり、これを維持することで、投資が可能です。

こうした特殊な口座では、口座管理料が発生する企業があります。株やFXの取引は、現在は無料や一定金額にしているところが多いです。他社との生き残りをかけた闘いを繰り広げる中で、売買手数料を抑えるのが何よりも大事でした。

そこで得るはずの利益をどこかで取らなければならないので、口座管理料が設定されることになったのです。しかし、これは比較的差があることを認めなければいけません。

口座管理料は、企業によってまちまちで、有料としているところもあれば、無料にしているところもあります。それを考えていく中で、大事にしておかなけばいけないのは、どこにするかを自分で決めておくことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ