テレホンバンキングは電話で取引ができることで知られている

テレホンバンキングとは、ダイレクトバンキングの一つであり、固定電話や携帯電話を通じて専用ダイヤルにかけます。その後口座番号や暗証番号などを入力することで利用できる銀行サービスのことを指します。

ダイレクトバンキングとは、金融機関の店舗に出向くことなく各種取引や相談等をインターネットや電話をを使うことで行うことができるサービスのことです。
一般的にテレホンバンキングには、オペレーター対応の場合と自動音声案内の場合があります。

具体的なサービスは、残高照会、入出金明細、振込み、振替、キャッシュカードの設定、定期預金や投資信託等の申込み、さらにはローンの返済などがあります。これらは金融機関により対応方法が異なります。

利用時間においては、金融機関の通常の店舗に比べても営業時間が長い場合が多く、24時間対応しているところもあるなど、使い勝手は良く、消費者ニーズに合わせていることが伺えます。

インターネット技術が発達する前は、金融機関の営業時間内に行くことができないサラリーマンなどによって利用されていました。ですが、最近はインターネットバンキングを利用するダイレクトバンキングの利用頻度が増えてきたことで利用者は年々減少傾向にあります。

また、実店舗を持たない金融機関も増えてきたこともあり、ダイレクトバンキングを利用する人はトータルでは増加傾向にあり、便利で使いやすいということで、今後も増えていくだろうと言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ