複利は法律によって計算された利子という意味がある

複利法によって計算された利子を複利と呼んでいます。これは重利とも言われており、元金によって生じた利子も、時期の元金の返済時に利子として計上されていき、つまり、借金が雪だるま方式で増えていく計算方法になるのです。いつまでも借金が返せないという事態にもなりかねないので、大きな問題になってきています。

そして、違う法律を設けることにより、事態を回避する動きが出てきているのです。
貸金業法によれば、この部分を違法にしていないことが明白となっています。しかし、これではお金を借りたい人が満足に借りることができなくなる可能性が捨て切れません。

さらに、お金を貸す業者が丸儲けをしてしまう可能性もあるので、利息制限法や出資法などで結果的に禁止にさせる動きが出てきているのです。これをいかにして取り組むかにより、対応が変わってきます。

制度上の欠如が発見されてからは、この制度を取り入れるのは難しくなりました。悪徳業者などが法律の抜け穴に目を光らせて存在していたからです。過払いの請求などは時効が存在しますので、自分が知っている間に済ませておくことが重要になってくるのです。

最近は法律の抜け穴の部分において難しい判断を迫られる可能性が多いと言われています。しっかりと考えて行動することで、未然にこうしたトラップから防ぐことができます。この制度は考えるだけで恐ろしいものであるということを、自覚しておかなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ