口座振り替えによって返済方法が便利になった事について

銀行における振り替えとは、同一行内の同一名義同士の間で、例えば普通預金から定期預金へ、またはその逆のお金を移動させることを指します。ただし、同じサービスを行うゆうちょ銀行では一般的な金融機関でいうところの、口座から別名義の人にお金を送金する「振込」についても振替と呼びます。

また、借り入れをした銀行に対する返済方法として、口座振り替えを利用すると、登録した口座から毎月自動的に引き落とされていくので、残高さえ口座にあれば、振り込むのを忘れたりすることで返済が滞る事もありません。

今では当たり前の返済方法ともされますが、返済にかかる時間が短縮されると大きな話題を呼んだのです。現金での取引は危険が付きまとい、もしかしたら大金を運んでいる時に狙われて、犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあったので、そのリスクも減ることになります。

また貸出しをした銀行ならなおさら、借りている人との関係がより密接になっていくでしょう。銀行は貸し出している融資先の資金の状況も自行に限ってになりますが把握することが出来ます。この事は融資金の未回収リスクを避けることの出来る方法としても大変有効な手段といえるでしょう。

銀行によっては借入時の条件や、金利をオフにするサービスの付帯条件として自行への口座開設を設けているところもあるのです。
口座振替は、ライフラインの支払いでもよく利用されます。

毎月必ず支払うものなので、利用者にとっても支払いがただ自動的に利用金額が口座から引かれて便利ですし、サービスを提供する側からも、利用者が忘れての使用料未払いが発生しにくくなるので大変便利なものだといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ