OCOは株やFXで注文する時の注文方法として使われている

投資をすることで、国は豊かになります。国としては、国民にお金を貯め込まないで利用して欲しいと思っています。貯め込むと消費が落ち込み、デフレになってしまうのです。デフレは不況になる負のスパイラルの象徴だと言われています。

そうなってくると問題になるので、投資に資金が向かうように国は様々な政策を打ち出して、投資家有利の方針へと切り替わってきています。さて、投資で思い浮かべるのが株です。株をする場合には取引をしなくてはいけません。その値段で買いたい人と、その値段で売りたい人の意見が一致した場合にのみ取引が成立します。

これが出来るのと出来ないのでは、大きな違いを生むと言われているのです。そして、チャートをずっと見続けることが出来ない人は多いでしょう。そんな人に使われているのが、OCO注文です。これは2つの異なる価格を予約注文します。

その片方の値段に価格がヒットし、合うことができれば成功という訳です。そして残っている片方の予約は自動的に取り消しになります。これができることで、少ないチャンスでもモノにすることが可能です。しかし、自分で見ることができず、全てが機械頼みになるので、ちょっと難しい部分が隠されているというのも事実なのです。

この方法はあまり使われる機会はありませんが、投資のプロと呼ばれる人でも実際に使うことがある方法なので、信用性はとてもあることが言われています。この方法を使うことで、株やFXの投資が上手くいくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ