外貨がどれほど重要な意味を持つのかと特徴について

外貨と言っても国ごとに種類が変わります。これらの相場を国ごとにペアを組むと、その通貨の他国での価値がハッキリするのです。例えばドル円は、1ドルが100円と150円では大きく変わってきます。100円のほうが円の価値は高くなり、150円では低くなるでしょう。

円安や円高というのはそのままの意味で捉えると勘違いしてしまいます。円安は円の価値が下がるので、値上がりします。逆が円高という訳です。
外貨という概念の登場によって、地球上のどんな場所でも経済活動をすることが可能となりました。海外で勤務する人へ向けてお金を拠出するのも可能です。

日本円の価値分を海外の金額に置き換えて支払うので、豊かな国の人が海外に行けばお金持ちになることだってあるでしょう。
地球は1つの国だけで運営ができるのであれば、おそらくこういった概念は発生しないでしょう。

陸続きではなく、数多くの島々がある地球において、その問題を解決するのは容易なことではありません。言語も文化も違う国同士であるため、当然通貨の価値も変わってきます。

経済的に豊かな国であれば、物もお金も溢れているのでインフレになると、お金の価値は下がります。
一方、貧困な国ではお金の価値が上がります。するとデフレになるのです。国同士の通貨の価値を考え、それを表示させることで相場を作り上げました。

そこでよく使われるのが、外貨です。外国の通貨という意味合いが強いのですが、この通貨を利用することにより、ローカルでは体験することができなかった経済活動をすることが可能となっているのです。それが現在においては重要な役割を担っていることを忘れてはいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ