外国為替市場はここ近年で急成長を遂げてきたことで知られる

現代は、国が自国のみで閉じこもることで利益を出すことは難しくなりました。他国との経済協力があるからこそ、国は豊かになり、そして成長を遂げていきます。そうした問題において真っ先に議論されるのが、自国通貨の話です。通貨は輸入にも輸出にも使えるので、重要な要素と言えるでしょう。

自国でのお金の価値が海外に行くとどれほどになるのかというのは、グローバル化が進む現代において常に考えておかなければならない重要な話になります。
通貨は基本的には変動相場制を採用しています。変動相場制とは、投資家に通貨の売買をさせ、資産運用手段として確立させます。

それを利用することで通貨の価値を変化させるのです。例えば、海外で輸出をしている企業にとっては、円の価値が下がったほうが得となります。1ドル100円で輸出するのと140円で輸出するのでは、単純に1ドルだけで40円ほど利益が増え、逆なら損になります。

輸入業者にとってみれば、その逆がありがたいという訳です。1ドル100円より70円のほうが利益が出るからです。しかし、130円になればコストが掛かりすぎます。

こうした企業同士の思惑があるからこそ、価格がどうなっていくべきか悩まれる結果になっているのです。この相場が動く場所を外国為替市場と呼び、平日の間であれば24時間常にオープンしていることでも知られている場所です。

ここでどのような反応、雰囲気を出すのかが何よりも重要になってくることを知っておかなければいけません。外国為替市場は現在は国の経済を左右する大変重要な場所になっていることを把握しておくべきなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ