為替ディーリングは投資家からの注文を取引先にお願いするもの

世の中にはさまざまな仕事があります。その中でも比較的新しい職業として知られるのが、為替ディーリングです。通常は証券会社などで働いているものの、個人で開業している人もいます。これは投資家から注文を受けたものを銀行などに発注して注文の執行を行う人のことを指します。

この仲介役がいなければ、利益という面においてちょっと不都合な現象が発生してしまうのです。FX会社のように投資家と業者が1対1で取引をする場合には、業者の利益は投資家の損益になり、反対であればそのまた逆です。

これではあまりにも不都合になるので、FX会社などは業者としてそこで取引をするのではなく、一旦銀行にその情報を伝えるようにしています。そこで初めて売買が成立することになり、その仲介役を担当するのが、為替ディーリングです。

為替の世界では損失を出す人が9割存在すると言われます。そして残りの1割が利益を出すということです。したがって、そこをリスクヘッジして進行していかなければいけないようになってくるのです。それがどんな方向性を持っているのかまでは分かりません。

けれども、その流れを継続できるような比較的短期間の様相を見せることが幾分重要になってきます。為替は将来を予想して取引をします。将来には不確定な要素が大きく渦巻いているので、何が真実で、何がダメなのかをハッキリさせないといけません。そういった公平な環境を維持するのが、為替ディーリングの役目となっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ