為替予約は輸出入業者にとって必須の取引方法となる

日本など、変動相場制を採用している国々が多く、その間で行われる取引を、外国為替証拠金取引と呼んでいます。実は、この取引は世界中の投資家が同じ市場で取引をしているので、1カ月後の予想すら難しいとされています。プロもアマチュアも参加しているために、市場が思惑通りに動くという保証はどこにもありません。

輸出入企業は、通貨の価格がどのように動くかで利益が変わるので、重要な問題です。そこで頼りになるのが為替予約です。これは1カ月先の為替を事前に予約しておきます。そうすると1カ月後が円高や円安にいくら極端に動いたとしても、予約した為替レートで取引でき、リスクヘッジを受けることが可能となるでしょう。

この方法は世界中で引き続き行われていますが、企業が自由に価格を決めることはできません。一定の決まった為替価格を参考にしているので、それを選択することになります。

自分で決めることが出来てしまった場合には、為替通貨が滅茶苦茶になってしまう可能性があるので、現時点での平均的な通貨価格が決まっていますので、それで取引をすることになるのです。

ゴトー日には、それにあわせた方法を採用しているので、何もかもが簡単に動くということは考えにくいのです。だからこそ、この取引がとても参考になると言われているのです。

為替予約は輸出入業者にとってはとても便利なものですが、欠点があります。それはもしかしたら1カ月後に自分達が有利になる為替価格になっていたとしても、予約しているので利益を得ることができないという点です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ