ストレートはアメリカドルがペア対象になっている取引

FXとは、通貨ペアの価格差を変動として利益を得る投資方法です。となると、その価格を判断して投資をしていかなければいけません。ここで重要になるのが、通貨ペアです。FX会社によって取り扱っているものは大きく分かれます。そこをどのように判断して決めるのかがとても大事になってくるのです。

そして通貨ペアにはそれぞれ特徴があるので、把握しておきましょう。
日本円が絡む通貨ペアには、ドル円やポンド円、ユーロ円などがあります。これらは全てがクロス円と言い、一方で、米ドルが対象となる取引をストレート通貨と呼んでいます。クロスよりもストレートのほうが値動きが激しいと言われています。

ユーロドルやポンドドルなどはその典型です。投資家はボラリティが激しいほど好む性格をしています。
通貨同士が投資という概念で結ばれているとなれば、当然大きく利益を得る可能性がある部分に投資をするのが道理にかなっています。

ストレートを選択して利益を大きく得ることはありますが、それ以上に危険なのがリスクを冒すことです。リスクがどの程度まであるのかを理解することから、この方法を選ぶ必要性があるということです。しかし、最近まではその部分すら触れられてはきませんでした。

現在、インターネットが普及したために、FXで投資をする人が増えてきました。そこでの共通の特徴としては、どんな通貨ペアを選ぶことにより利益を出すことが出来やすいのかを知ることです。最初から何かを意識していてはあまりうまくはいきません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ