通貨オプションを購入する場合には買い手となるほうが無難

為替価格は常時変動しています。特に指標や重要な発表が無い場合などは価格が平坦な場合もありますが、投資家の思惑などにより通貨価格はかなり変動があることが言われています。そうした中で大事にしておかなければいけないのが、損失を最小限に食い止めるというものです。

そこをしっかりと考えて行動していかなければいけません。投資家は利益を得る目的で投資をしています。それができない場合には難しいでしょう。
取引に関しては通貨オプションを買うこともできます。

これは予め決められた価格を買うのですが、自分にとって不利になった場合にはその権利を放棄することができます。損をすると感じた場合には放棄ができ、利益を得られそうな場合にのみ、その権利を使うことができるのです。後出しジャンケンのような要素ですが、これはいくらなんでも買い手が得をします。

そこで、売り手はプレミアム価格を貰うことができます。
買い手にだけ有利なものはとても判断が難しいと言われています。そこでプレミアム価格を事前に支払うことにより、売り手側に利益が得られるようにします。

しかし、理論上は損益は無限大になる訳ですから、売り手は損失を出すことのほうが多いです。もし通貨オプションをするのであれば、買い手として着手するのが望ましいとされているのです。2国間の通貨価値が一定であれば、そもそもこうした投資は存在しません。しかし貿易をしていればこの問題は一国の問題ではなく、難しい選択の連続なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ