TTSは電信売相場の呼称であり投資家が見るひとつの板

銀行は預金で預かったお金をずっと保管しておくことはありません。そのお金を維持するのに莫大なお金が発生するからです。また、危険な目にあうことも予想されるので、お金に働いてもらうことでその役割を推薦しているのです。その中で大きく言われているのが、融資です。

お金を借りたいと思っている人や法人に対してお金を貸すのです。そうすることで利益を得ています。
銀行はその他にも投資関連も行っています。電信売相場の略称であるTTSとは、そうした中で誕生したものでもあります。

これは、基準レートである仲値よりも手数料の分高いレートになることが多いです。電信ですのでインターネット上ではなく、銀行での取引をメインとしている法人やファンドなどが利用することで知られています。TTSは銀行側がもらう手数料をメインとしているのです。

電信売相場は比較的高いということもあり、あまり利用されていないのが現状です。手数料を取るという点で個人投資家などは敬遠しがちな部分があります。しかし、良い部分も多いことから、あえて使っている投資家も多いのです。TTSを利用する場合には、専用口座を開設してから使うことができます。

大手銀行であればどこも同じように資産運用を手助けしてくれる機関は存在しています。銀行は預金を様々な形で運用しているのですが、投資家から預かったお金というのもしっかりと運用していることが理解できます。これは先進国であれば多くの銀行が同じような考えを持ち取り組んでいるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ