TTBはTTSの逆で売る場合においてみるレートのこと

銀行は企業にお金を融資するだけではありません。個人向けのローンも取り扱っています。銀行は信用度が高いので、審査が厳しい傾向にあり、その厳しい審査を潜り抜けてきた人には低金利でお金を貸すのです。だからこそ、この部分の把握はとても必要なことになってくるのです。銀行はお金を融資するだけではありません。

取引の仲介を担う役割もあります。
例えば、投資家が外国為替証拠金取引をしたいと思った場合に、銀行を利用したとします。そこには電信売相場と電信買相場の二つの数字が表示されています。日中に大手銀行が基準となる中値を設定します。

そこでどのような取引があるのかは不明ですが、もし上下に触れたとしてもそれを利用して取引をすることが可能となります。これが、電信売買の良い点であると言われています。電信売買相場というのは一概に簡単には言えません。最初から何もかもが適用されている訳ではないのです。

もしも、この後の影響がどこまで広がるかを考えるのであれば、とても良い性能が隠されているのではないかと言われています。電信買相場のことを、TTBと呼んでいます。この仕組みを上手く利用することで、本来は実現が難しいとされていた取引も実現が可能となったのです。

インターネットの無い時代では為替通貨を売買するのに銀行は大いに意味を持っていました。それを考えるのであれば、銀行での取引の重要性というのをしっかりと身に付けておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ