TTMはTTSとTTBの中間の値段を表したものである

銀行は電信売買相場を表しており、銀行で主に外国為替証拠金取引をする場合に利用されるものと言われています。この方法は多種多様に分かれており、それがどんな方向性を持って試されるのかが重要な問題です。銀行での取引では手数料が発生します。これが難しいと言われる大きな原因です。

その手数料はFX会社と取引するのに比べて、かなり大きな金額です。
それを利用するぐらいならば、FX会社を通じて取引したほうが良いと考える人は多いです。

しかし、仲値と言って、その日の相場の平均的な金額が表示されており、それが基準となって取引されるので利益を得る可能性が高いということが言われています。それだけならば何も苦労はいらないということで、銀行側はリスクヘッジを込めて手数料をいただくことにしているのです。

電信売買相場はTTSとTTBとして表されています。電信売買相場の中間の値段をTTMと呼んでいます。単純に中値とも呼ばれていますが、この金額も重要な位置づけとなっているのです。銀行においての取引をする人はだいぶ少なくなりました。しかし、輸出や輸入をする企業にとっては中値は重要な役割を果たします。

先物予約為替などをしない場合には、重要です。
投資は自分の資産を投ずることで利益を狙うものです。残念ながらリスクを冒さずにお金を増やす投資はないようですが、それが分かれば、銀行が何故手数料を取っているのかというのも理解することができるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ