特約付外貨定期預金の特徴と契約する上での注意点について

銀行は資産運用に大々的に取り組んでいます。その理由としては、手数料を多く取れるので利益を出しやすいためです。融資などは金利を低くすることで利益の幅が狭くなりました。

これでは莫大な資産を有している銀行にとってはあまりよろしくないことで、そこで、資産運用のノウハウを活かすことで各銀行は様々な金融商品を手がけてきているのです。一般的な証券会社などでは取り扱っていないような商品も多く、資産運用という形で言えば、特約付外貨定期預金などもその一例になります。

定期的に預金を外貨立てですると、通貨オプションが発生することになり、運用結果によっては利益を増やす事が可能です。その基準の価格がTTMとして表示されます。これらを使うことで、運用をしていきます。

運用は投資家が行なう訳ではありません。ディーラーがいますので、その人がどのような考えで運用を行っているのかを判断しなければいけないのです。リスクを考える必要性を上記で記述したとおり投資には多くのリスクが伴います。それを特約を付けることによって、幾分かはリスクヘッジを実現したのが、この方法です。

実際のところ、それでしっかりとリスクヘッジができているのかは、結果を見なければわかりません。投資は未来を予想するものです。未来は誰にも分かりません。全ては結果論になってしまいます。懸念が多く発生する投資だからこそ、自分が考えている方法をしっかりと実践するのが良いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ