アセットマネジメントを利用している人は意外と多い

株や不動産などを保有している人は、その管理が面倒だと感じることが多いです。管理するのにも様々な帳簿をつけなければいけませんし、確定申告の場合においては、とても複雑な計算などをしなければいけません。それが少量ならば良いですが、資産家などになると莫大な金額の資産を保有していることになります。

それらを管理するのは無理なので、代行してもらうことが多いです。それらをアセットマネジメントと呼んでいます。
これは、金額の大きい不動産業界において大きな意味を持っていると言われています。不動産を保有しているだけならば、何も意味はありません。

これを投資目的で保有している場合には、代わりに管理を受け持っているのです。資産運用はとても難しいものです。プロやアマチュアが同じ土俵で争いますので、負ける人はとことん負けますし、勝つ人は勝ちます。

そこで、不動産などの金額の大きい資金を運用する場合には、アセットマネジメントに委託することになります。これらは投資のプロとも呼ばれる集団ですので、管理や運用などを一括で委託をしてしまうのです。そうすることで、金額などをいちいち確認しなくても問題がないのです。

また、不動産業界だけではなく、株券などを管理運用をしてくれる団体も存在します。要するに、自分の資産を代行して運用してもらうことになります。するとかなりの信用度がなければ難しい話になるので、アセットマネジメントは信頼関係の上で成り立っているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ